2013年03月22日

京都学生演劇祭2013、その後

お久しぶりです 宣美の神尾です。

演劇祭が終了して早くも10日以上経ちました。。

小屋入りしてからというもの、毎日立誠小学校へ行って準備して、

その日の公演が終われば次の日の準備もしつつミーティング、確認作業、あわてて帰宅、、、

そんな濃い本番期間も、今となっては夢のようです 笑

大変だったんだけど、楽しかった!本当にお疲れさまでした!!

たくさんのお世話になった方々、ありがとうございましたm(_ _)m


ここであらためて、今年の結果を発表しましょう!

審査員特別賞は


劇団月光斜「僕と殺し屋とレインポップ」


特徴的なキャラクターたちによる迫力あるステージが印象的でした!



そして観客投票によって選ばれた<大賞>京都学生演劇祭賞は


飴玉エレナ「転がる紳士たち」

参加団体の中で唯一の一人芝居。それでも観客を引き込ませる力は圧倒的でした!


両劇団の更なるステップアップを期待しています。

本当におめでとうございました★

(ちなみに本番全公演のustreamアーカイブが残っております。こちらからどうぞ)




実行委員会では総括(反省会ですね)も終えました。

至らなかったところはたくさんあって、悔しい思いをしたことも多々。

しかし得たものは本当に大きかったです。

実行委員をやって良かった。演劇祭に出会えて良かった。

今回の失敗を無駄にすることなくつぎへ進んでいこうと思います!


本番は終わったものの、まだまだ完全にすべてが終わってはいません。

最後の最後までやりきります!

それでは〜!!


posted by FOST at 15:47| Comment(0) | 京都学生演劇祭2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月10日

物販情報

おはようございます、本日は演劇祭最終日です!
今年の演劇祭ではオリジナルグッズを販売しておりますが、
順調に売れ行きを伸ばしております。
どの柄も在庫わずかとなりました!
缶バッジ四種とポストカード、それぞれ一つ100円です。
参加団体の方も来場者の方も、記念にお一ついかがですか?!
職員室でお待ちしてます♡
posted by FOST at 10:03| Comment(0) | 京都学生演劇祭2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月05日

京都学生演劇祭2013、開幕中!!

おはようございます!
広報の熊谷です。

京都学生演劇祭2013、開幕いたしました!!
立誠正面(twitterより).tiff
(当日券はその日の状況次第でキャンセル待ちとなる場合がございます)

佐々木蔵之介様から、今年もお花が届きました。
ありがとうございます!
佐々木蔵之介様より.tiff
一気に会場が華やかに。会場入口すぐの受付前に飾っていますよ〜
出演者・スタッフ一同、見るたびにやる気と気合いを補充しております。



といっても、もう本公演は前半戦が終了。
今日から3日間は中日としまして、参加団体の皆様には、8日(金)から始まる後半戦へ備えて英気を養っていただく期間です。

そんな中日!!
ワークショップフェスティバル

3/5 12:00~14:30
夕暮れ者 弱男ユニットのエチュード講座
夕暮れ社では、公演の稽古期間の序盤をほぼエチュード(即興劇)で使います。エチュードをとにかく数多くやります。その中から人柄やエピソード、人同士の相性、アイデア……などなどいろんな要素を引っ張ってきてお芝居に落とし込んでいきます。
芝居づくりやモノづくりのひとつの参考として体験していただく2時間半になればと思います。

15:00~17:30
池浦さだ夢のダンスワークショップ
男肉duSoleil団長の池浦さだ夢さんを講師に迎え、ダンスワークショップを行います。経験者、未経験者関係なく、ダンスを踊ることを通して全身を使い、気づきにくいからだの使い方を学びます。

3/7 12:00~14:30
何から観ればいいの?なんてもう言わせない!
『古典芸能VS現代演劇の徹底比較大合戦!』

一言に〈古典芸能〉といっても能狂言、文楽、歌舞伎、日本舞踊など、一体何をどれから観たらいいのかわからないくらい多くのジャンルがあります。本講座では、それら古典芸能を一つ一つ紹介しつつ、現代演劇などと比較しながら、解剖していきます。これから古典芸能を観たいと思っておられる方に、特におススメの講座です。

会場 元・立誠小学校
参加費 各学生300円/一般500円

ワークショップフェスティバル予約フォーム
(一部予約受付が終了している企画もございます)

パネルディスカッション
「京都」「学生」「演劇」を考える。

京都学生演劇祭は今年で第三回を迎えます。
今までいろいろな試みを行なってきました。
京都学生演劇祭がこれからも「京都をおもしろくする」活動を行なっていくには、何が必要か。
京都学生演劇祭のあり方を探る、パネルディスカッションです。

パネリストの方と演劇祭に参加するの学生が、
「京都」「学生」「演劇」の3つの視点からあり方を探ります。

日時:3/5(火)17時半開場 18時開演〜20時終了
会場:元・立誠小学校 職員室
参加費無料

参加者(五十音順)
岡見 弘道(まなびや2002~2012実行委員長)
小暮 宣雄(京都橘大学教員)
松原 利巳(大阪市立芸術創造館副館長)

作道 雄(京都学生演劇祭特別公演ディレクター/月面クロワッサン 代表)
森下 弘理(劇団紫 団長)

特別公演

近年、『学生演劇祭』を冠する催しが増えてきています。
今年で6回目、既に大阪の学生演劇の定番となっている『おうさか学生演劇祭』。
京都と同じ上演形態を持つ、昨年誕生の『名古屋学生演劇祭』。
土地と密着に繋がり、滞在制作型の合宿事業を行う岩手の『銀河ホール学生演劇祭』。
そして、『京都学生演劇祭』。
これは、学生演劇が全国的に盛り上がりつつあることの証です。

今回、京都以外の地域を盛り上げている学生劇団が京都に集います。
各地から集まった4団体が、本祭と同じ条件で作品を上演します。

全国各地の学生演劇を通して、学生の街・京都のポテンシャルも浮かび上がってくることと思います。
そして願わくばこの特別公演が、日本国中の学生が刺激、意識し合える場の礎となっていけばと思います。
京都から日本へ。今、そして「これから」を届けます。

日時 2013年3月6日(水)、7日(木)
会場 元・立誠小学校 音楽室
チケット料金
学生| 前売 1,000円 当日1,300円
一般| 前売 1,300円 当日1,800円
  ※チケットは4団体通しで観劇できます。途中入退場可。 
  ※上演時間は45分。一劇団上演後、15分の休憩があります。
  ※開場は、各ブロック、最初の劇団の開演の30分前です。
  ※学生料金でご予約のお客様、当日受付にて学生証のご提示をお願いします。

特別公演予約フォーム

そして大交流会
3月7日19時から、参加団体や、そして一般のお客様も交えての交流会を開催いたします!
本祭16団体、そして特別公演参加の4団体、さらに演劇祭実行委員やスタッフ、
そして客席で学 生演劇祭を楽しんでいるお客様も交えての大交流会です。
ドリンクとお菓子片手に、楽しい時間をお過ごしください! 交流会での特別企画も予定中です。
もっと盛り上がれ、京都学生演劇祭!
日時  2013 年3月7日(木)
      19時~20時半 ※受付開始は15分前
会場  元・立誠小学校 講堂
参加費 予約/500円(学生、一般問わず)
    当日/1000円
大交流会予約フォーム

大交流会で、まさかの情報解禁がある・・・かも!?

実のところ、かなり盛り上がってます。

京都学生演劇祭2013。

開催中は、twitterを主に更新しております。
当日券情報などもtwitterで随時お知らせしていきます!
後半も、既に完売ブロックがございます。
お早めのご予約をオススメします!
音楽室予約フォーム(A、Bブロック)
講堂予約フォーム(C、D、Eブロック)
posted by FOST at 11:34| Comment(0) | 京都学生演劇祭2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月01日

稽古場見学N〜吉田寮しばい部〜


どうもどうも!渉外の山口です!

小屋入りしたので、なかなかすぐにブログ更新をすることができませんでしたが、
26日は、吉田寮しばい部の通し稽古にお邪魔させていただきました。

吉田寮しばい部は、2011年7月に結成された、京都大学の吉田寮を拠点として活動している劇団さんです。
今回、演劇祭初参加です!わあわあ!


午後の2時半。百万遍で同じく渉外の井上さんと待ち合わせ。

歩き始めていきなりイベントが!
百万遍の交差点で、なんと愉快犯のきたがわさんとばったり出会いました!

愉快犯の稽古場見学に行ったわたしたちを覚えていてくださり、声をかけてくださいました。すっごく嬉しかったです…!(泣)
ありがとうございました!


しばらく歩くと、見えてきた吉田寮……
吉田寮しばい部は、吉田寮の食堂で稽古に励んでいました。


\どーん/
130226_155650.jpg
吉田寮の食堂です!わああ!


吉田寮には初めて行ったので、その存在感には恐れ戦いてしまいました(笑)

こんなところで稽古をしているなんて…吉田寮しばい部、一体どんな劇団なんだろう………?!

わくわくしつつ、ちょっとだけびびりつつ(笑)
わたしたちは吉田寮の食堂に足を踏み入れました………


ところで、吉田寮の食堂は、京大で1番古い建物なんだそうです。
今は食堂として使われてはいません。中はとても広くて、外観と同じように、壁いっぱいにラクガキがしてありました。

本当に古い建物で、窓のガラスは所々抜けていて、部屋いっぱいに、隣の部屋から聴こえてくるドラムの音が鳴り響いていました。

吉田寮しばい部の皆さんは、ありのままな、等身大な感じで出迎えてくださいました。

でも、なんだか盛り上がっていて、入り込めない感じ…

すると、普段連絡を取らせていただいている久保田さんが挨拶してくださいました。初対面でしたが、優しそうな、おだやかな感じの素敵な男性でした!ちょっとだけ解れる緊張感。

わたしたち、少しはやく着いてしまったので、約束の時間までしばらく普段の稽古を見せてくださいました。

演出の中西さんが、なんだかとってもきらきらしていました!
初めてお会いした時と、オーラが全然違っていて、
あれ、この人こんな感じだったっけ?
お芝居してる時、こんなにいきいきするんだ、中西さん…!
という発見をして、なんだか楽しくなっちゃいました!

中西さんは、「(隣から聴こえる)ドラムの音は話に関係ありません」とわざわざ言ってくださったり、本番使う曲を「じゃあ歌って」と、音響の方に無茶ぶりしたり、とっても面白い方でした。

他にも、無言で意味もなくかつらをかぶってみたり(笑)面白い団員さんがたくさんいました。

わたしにとって未知の劇団だった吉田寮しばい部は、とっても良い雰囲気の楽しい劇団でした!たくさん笑わせてもらいました!
最初の入り込めない感じなんて、すぐに消えてしまいました!


さて、時間になり、通し稽古が始まりました………

役者さんがはける時の歩く速さ、照明の入れ方など、演出の中西さんはとても細かくこだわっていました。

あ、それ好き。って思う瞬間が、所々にありました。

吉田寮しばい部って、いつもこんな感じの芝居をしているのかな?って、なんだか吉田寮しばい部のことをもっともっと知りたくなりました。

もう1回観たいな…って思わせる、そんな作品でした。本番が楽しみです!


こう、ネタバレしないように書くのって、とっても難しいですね。もっともっと、感じたこと、書きたいことはたくさんあるんです!
でも、それは本番までのお楽しみです………!


ふーん。ふーん。良い感じだ。うん、良い感じ!
って、2人で、なんだか良い気分で帰りました。



『きずあと』
脚本・演出 中西良友

君が住んでいる部屋の壁には無数のきずあとがある。
前の住人やその前の住人、さらにその前の住人たちが残していったのだろう。
君にもいくつかのきずあとがある。どうしてそれがついたのか。今はほとんど覚えていない。
良いも悪いもないきずあと。好きでも嫌いでもないきずあと。けれど、
「無かったことにはできないな」
そう呟いて、君は、きずあとを少しほじくってみた。

【出演】五分厘零児 辻斬血海 中西良友 埜口敏博
【スタッフ】[ 照明 ] えたーなる [ 美術 ] 逆本 ( 有 ) 一 [ 音響 ]河村勇之介




第三回京都学生演劇祭実行委員会
渉外担当 山口 祐季
posted by FOST at 00:12| Comment(0) | 稽古場訪問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月26日

稽古場見学M〜劇団月光斜〜

またもやばばです。
立命館大学の劇団月光斜の稽古場にいってきました。

月光斜は前身である新演劇研究会から今年で44年という歴史のある劇団。
他の劇団さんを伺うときとはまた違った緊張があります。ごくり。

稽古場に入ると団員さんひとりひとりが自己紹介をしてくれました!
(ごめんなさい。覚えきれませんでした。ぼそ。)

通しの前の集中。
演出の伊藤さんの合図でしーんと一斉に静かになり身動きひとつありません。
ぴりっとした空気。見る側もぎゅっと力が入ります。

securedownload.jpg

securedownloa.jpg

パワフルで一気にお芝居の世界観に飲み込まれます。
役者さんの動きのキレが抜群で、見てて気持ちいい。

それから演出の伊藤さんのさばさばした指示が格好いい。。


本番前に気合が入ります。

今日からいよいよ小屋入りです!




『僕と殺し屋とレインポップ』
脚本・演出 伊藤ハジメ

《あらすじ》
不況のあおりを受け、職を失った殺し屋の日本太郎。(にっぽんたろう・偽名)
彼の日課は足繁くハローワークに通う事だった!!
彼の四畳半でのささやかな日常は住所不定無職の男・ホームレスの老人・引きこもりの女子中学生たちによって浸食されていく。この不況の雨、一体いつになったらあがるのよ!?
日出ズル国に住む、全ての麗しき貧乏人に捧げるちょっとみすぼらしい 愛の物語。
―雨が止んだそのアトは天国のように美しいいつもの街並み―



渉外:ばば
posted by FOST at 20:27| Comment(0) | NEWS!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。