2013年02月21日

稽古場見学H 〜KAMELEON〜

BABAです。
KAMELEONの稽古場におじゃましてきました!
劇団名にあわせて今日はローマ字(BABA)です。

前回の紫に引きつづき雪。さむい。
でも今回はしげちゃんこといのうえも一緒です!

だから一人じゃ撮れないこんな写真も取れちゃう。

securedownload.jpg
@京都造形芸術大学大階段

KAMELEONは京都造形芸術大学の劇団で、演劇祭初参加の団体です。

そういえばカメレオンってどういう意味なんでしょう。
カメレオンって変色できるイメージが強いですが、、また聞いておきます。


稽古場に向かうとドア越しにも聞こえる演出の村上さんの声。。

あ、今入ったらやばいやーつ?
と顔を見合わせるいのうえとばば。
そっと中に入ると、なんと同じ場面を3時簡以上練習している最中とな。
すごい集中力。

歩き方、発音、笑い方、見逃してしまいそうなほんの少しのしぐさまで
何度も、何度も繰り返しては細かい指摘が入ります。

FxCam_1361258415966.jpg

演劇ってドラマや映画とは違って、どうしても自分の座ってる位置からしか見れないけど
カットやアップなんかの編集がない分、まるごと見えちゃう。
汗とか息遣いとか、指先の動きとか、同じ空間と時間を共有する、生の演技。

なんて、生唾をごくりと飲みながら思っていました。

FxCam_1361256612712.jpg

小道具のチェックも。団員さんたちのやり取りが漫才みたい。。

FxCam_1361261662713.jpg

帰り際にフライヤーをちゃっかりしっかり置かせてもらいました。@京都造形芸術大学人間館1F
見つけたらぜひぜひ手にとってください。


『新しい下宿人』
脚本 ウジェーヌ・イヨネスコ
演出 村上千里

《あらすじ》
ひとつの空き部屋にひとりの男、権力者か?ただ人か?
次々と運び込まれるモノにより、埋もれていくこの世界。
「車は通ってません、電車も動いてません」
「あなたはいいじゃないですか、座るところがあるんだから」
KAMELEON.V5!遊びつくす45分!全速力で駆け抜けます!



渉外 ばば


posted by FOST at 13:40| Comment(0) | 稽古場訪問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。