2013年03月01日

稽古場見学N〜吉田寮しばい部〜


どうもどうも!渉外の山口です!

小屋入りしたので、なかなかすぐにブログ更新をすることができませんでしたが、
26日は、吉田寮しばい部の通し稽古にお邪魔させていただきました。

吉田寮しばい部は、2011年7月に結成された、京都大学の吉田寮を拠点として活動している劇団さんです。
今回、演劇祭初参加です!わあわあ!


午後の2時半。百万遍で同じく渉外の井上さんと待ち合わせ。

歩き始めていきなりイベントが!
百万遍の交差点で、なんと愉快犯のきたがわさんとばったり出会いました!

愉快犯の稽古場見学に行ったわたしたちを覚えていてくださり、声をかけてくださいました。すっごく嬉しかったです…!(泣)
ありがとうございました!


しばらく歩くと、見えてきた吉田寮……
吉田寮しばい部は、吉田寮の食堂で稽古に励んでいました。


\どーん/
130226_155650.jpg
吉田寮の食堂です!わああ!


吉田寮には初めて行ったので、その存在感には恐れ戦いてしまいました(笑)

こんなところで稽古をしているなんて…吉田寮しばい部、一体どんな劇団なんだろう………?!

わくわくしつつ、ちょっとだけびびりつつ(笑)
わたしたちは吉田寮の食堂に足を踏み入れました………


ところで、吉田寮の食堂は、京大で1番古い建物なんだそうです。
今は食堂として使われてはいません。中はとても広くて、外観と同じように、壁いっぱいにラクガキがしてありました。

本当に古い建物で、窓のガラスは所々抜けていて、部屋いっぱいに、隣の部屋から聴こえてくるドラムの音が鳴り響いていました。

吉田寮しばい部の皆さんは、ありのままな、等身大な感じで出迎えてくださいました。

でも、なんだか盛り上がっていて、入り込めない感じ…

すると、普段連絡を取らせていただいている久保田さんが挨拶してくださいました。初対面でしたが、優しそうな、おだやかな感じの素敵な男性でした!ちょっとだけ解れる緊張感。

わたしたち、少しはやく着いてしまったので、約束の時間までしばらく普段の稽古を見せてくださいました。

演出の中西さんが、なんだかとってもきらきらしていました!
初めてお会いした時と、オーラが全然違っていて、
あれ、この人こんな感じだったっけ?
お芝居してる時、こんなにいきいきするんだ、中西さん…!
という発見をして、なんだか楽しくなっちゃいました!

中西さんは、「(隣から聴こえる)ドラムの音は話に関係ありません」とわざわざ言ってくださったり、本番使う曲を「じゃあ歌って」と、音響の方に無茶ぶりしたり、とっても面白い方でした。

他にも、無言で意味もなくかつらをかぶってみたり(笑)面白い団員さんがたくさんいました。

わたしにとって未知の劇団だった吉田寮しばい部は、とっても良い雰囲気の楽しい劇団でした!たくさん笑わせてもらいました!
最初の入り込めない感じなんて、すぐに消えてしまいました!


さて、時間になり、通し稽古が始まりました………

役者さんがはける時の歩く速さ、照明の入れ方など、演出の中西さんはとても細かくこだわっていました。

あ、それ好き。って思う瞬間が、所々にありました。

吉田寮しばい部って、いつもこんな感じの芝居をしているのかな?って、なんだか吉田寮しばい部のことをもっともっと知りたくなりました。

もう1回観たいな…って思わせる、そんな作品でした。本番が楽しみです!


こう、ネタバレしないように書くのって、とっても難しいですね。もっともっと、感じたこと、書きたいことはたくさんあるんです!
でも、それは本番までのお楽しみです………!


ふーん。ふーん。良い感じだ。うん、良い感じ!
って、2人で、なんだか良い気分で帰りました。



『きずあと』
脚本・演出 中西良友

君が住んでいる部屋の壁には無数のきずあとがある。
前の住人やその前の住人、さらにその前の住人たちが残していったのだろう。
君にもいくつかのきずあとがある。どうしてそれがついたのか。今はほとんど覚えていない。
良いも悪いもないきずあと。好きでも嫌いでもないきずあと。けれど、
「無かったことにはできないな」
そう呟いて、君は、きずあとを少しほじくってみた。

【出演】五分厘零児 辻斬血海 中西良友 埜口敏博
【スタッフ】[ 照明 ] えたーなる [ 美術 ] 逆本 ( 有 ) 一 [ 音響 ]河村勇之介




第三回京都学生演劇祭実行委員会
渉外担当 山口 祐季


posted by FOST at 00:12| Comment(0) | 稽古場訪問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月26日

稽古場見学L〜虹色結社〜

ばばです。
日曜は虹色結社に行ってきました。

虹色結社はKAMELEONと同じ京都造形芸術大学の所属で
代表の藤村さんが去年の演劇祭見たことをきっかけに旗揚げされた劇団です。
そしてその旗揚げ公演となるのが第3回演劇祭!!うれしー!

また今回の演劇祭をきっかけに演劇の輪がますます広まっていってほしいな。


稽古の場所は東山いきいきセンターのミーティングルームB。
ちなみにミーティングルームAでは愉快犯が稽古中でした。笑

securedownload.jpg

securedownloa.jpg

藤村さんは髪を切ってさっぱり。男前っす。

あと演出の村田さんのニュアンスの伝えかたが個人的につぼ。
「お父さんがお風呂場で歌うみたいなてきとーな感じで。」
「今日の○○の台詞かさかさしてる!」

securedownl.jpg

カメラを向けると駄目だし中でも、さりげにピースする村田さんと団員のみなさん。


なんだかとっても可愛い雰囲気でした。
お芝居にもこのおちゃめな感じがでていて素敵だなあと思います。
本番までにどんなお芝居に仕上がっているか楽しみです。


『はこにわ』
脚本・演出 村田 レナ

《あらすじ》
あながあったら入りたい。できれば静かで寂しくないところ。
覗き見る人たちに少し触りたい。でもほっとけや。
箱のまわりで浮かんでは消えるのは誰の物語?
おや、あなた。おでこから何か出てますよ?



渉外:ばば
posted by FOST at 20:18| Comment(0) | 稽古場訪問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月25日

稽古場見学K〜劇団愉快犯〜

またもやばばです。
リツゲイのあとには劇団愉快犯の稽古場にもおじゃましました。


劇団愉快犯は京都大学・京都造形大学を中心に旗揚げされ、短編から長編までさまざまなオリジナル喜劇をつくっている劇団さんです。

そしてなんと今回は、去年演劇祭の会長を務めた玉木さんが演出をされています!うおお!


立命館大学からバスを乗り継ぎ、左京西部いきいき活動センターへ。

ここでぐちやまさんと合流し、渉外担当の3人が勢ぞろい。

早速発見。

securedownload.jpg

「大きな声や音はご遠慮ください」、と紙が貼られた教室から稽古中と思われる叫び声が。笑

securedownl.jpg

中に案内されると、役者さんのまん前にあたる位置という贅沢な特等席で通しをみさせてもらいました。
ち、ちちちち近い!

securedownloa.jpg

始まって5分、も経たないうちから笑いの嵐。
我慢しようかとも思いましたが、たまらず声を出して笑ってしまいました。

どの役のキャラクターも個性的でみるみる愛着がわきます。


しかし、それだけでは終わりません。

役者さんの迫真の演技。
圧倒され、カーテンコール後もしばらく声が出ませんでした。


本番まであと5日。

いよいよです。



『作り話』
脚本・演出 玉木青と劇団愉快犯

《あらすじ》
あるバー。"とある会合"に参加するため、6人の男女が集められた。
「何の会合かを当て、そこに紛れ込め。」奇妙な招待状を受け取った彼らだが、
実はその会合は作り物。全員が同じ招待を受けていることすら知らず、
彼らは不毛な探り合いの果て、思い思いに話を合わせることとなる。
作り話と記憶が交錯した、ある会合での話。



渉外:ばば
posted by FOST at 10:18| Comment(0) | 稽古場訪問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月21日

稽古場見学I 〜同志社小劇場〜

いのうえです。
月曜、シモゲキのあとは、同志社小劇場の稽古場へゆきました。

同志社小劇場は名前の通り、同志社大学の劇団です。
演劇祭には今回が初参加。


雨のなか、新町キャンパスへ向かうと役者で参加される長南さんが待っててくれはりました。やさしさ……!!


稽古場には長南さんのほかに、ふたりの役者さんが。
卒業公演が週末に迫り、みなさんお忙しいなかの稽古だそうです。

まずは発声とワークショップから。
集中力を高めつつ、テンションをあげてゆく役者さんをみていると
背筋を伸ばさなければ、という気もちになります。

IMG_20130218_200115.jpg


それが終わるとそれぞれの場面の通しを。
カーテンを閉め、電気を消し、明かりは懐中電灯と間接照明のみという演出のなか行われました。

IMG_20130218_173733.jpg

IMG_20130221_182720.jpg

葛原さん、琴美さん、長南さんの集中力に思わず見入ってしまいました。
ほんとうに贅沢な時間でした。

演出の方や役者さんが揃ったときに
どんな作品に仕上がってゆくのか、とてもたのしみです。




同志社小劇場
『国道X号線、Y字路』

脚本 伊藤元晴(象牙の空港)
演出 吉見拓馬

《あらすじ》
「人生が、あんまりうまくいってない人たちにも、言い分があります。
自分の人生がうまくいっていないのは、自分の責任ではないという言い分。
そんな、言い分で日々を過ごしつつ、だいたい平均寿命くらいを生きる。
成績をつけると34点くらいの人生。
そんな人たちの人生にも、映画を、一本くらい撮れるような事件が起きるかもしれません。
いや、起きないかもしれません。
どっちが良いですか?
わたしは、どっちでも良いと思います」




さて、わたしが担当させて頂いてる団体の稽古場見学はこれで終わってしまいました。
参加団体のみなさんの真っ直ぐさに毎回ときめいていました、とこっそり報告を。

これから本番前まで、通し稽古の見学をどんどんしてゆきます。

稽古場見学をしていると、全団体の作品を観てほしいと、心のそこからおもうようになりました。愛です、これは!

ぜひ、3月2日〜10日は元・立誠小学校へ来てください!


渉外 いのうえ
posted by FOST at 20:33| Comment(0) | 稽古場訪問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

稽古場見学H 〜KAMELEON〜

BABAです。
KAMELEONの稽古場におじゃましてきました!
劇団名にあわせて今日はローマ字(BABA)です。

前回の紫に引きつづき雪。さむい。
でも今回はしげちゃんこといのうえも一緒です!

だから一人じゃ撮れないこんな写真も取れちゃう。

securedownload.jpg
@京都造形芸術大学大階段

KAMELEONは京都造形芸術大学の劇団で、演劇祭初参加の団体です。

そういえばカメレオンってどういう意味なんでしょう。
カメレオンって変色できるイメージが強いですが、、また聞いておきます。


稽古場に向かうとドア越しにも聞こえる演出の村上さんの声。。

あ、今入ったらやばいやーつ?
と顔を見合わせるいのうえとばば。
そっと中に入ると、なんと同じ場面を3時簡以上練習している最中とな。
すごい集中力。

歩き方、発音、笑い方、見逃してしまいそうなほんの少しのしぐさまで
何度も、何度も繰り返しては細かい指摘が入ります。

FxCam_1361258415966.jpg

演劇ってドラマや映画とは違って、どうしても自分の座ってる位置からしか見れないけど
カットやアップなんかの編集がない分、まるごと見えちゃう。
汗とか息遣いとか、指先の動きとか、同じ空間と時間を共有する、生の演技。

なんて、生唾をごくりと飲みながら思っていました。

FxCam_1361256612712.jpg

小道具のチェックも。団員さんたちのやり取りが漫才みたい。。

FxCam_1361261662713.jpg

帰り際にフライヤーをちゃっかりしっかり置かせてもらいました。@京都造形芸術大学人間館1F
見つけたらぜひぜひ手にとってください。


『新しい下宿人』
脚本 ウジェーヌ・イヨネスコ
演出 村上千里

《あらすじ》
ひとつの空き部屋にひとりの男、権力者か?ただ人か?
次々と運び込まれるモノにより、埋もれていくこの世界。
「車は通ってません、電車も動いてません」
「あなたはいいじゃないですか、座るところがあるんだから」
KAMELEON.V5!遊びつくす45分!全速力で駆け抜けます!



渉外 ばば
posted by FOST at 13:40| Comment(0) | 稽古場訪問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月18日

稽古場見学G 〜演劇実験場下鴨劇場〜

いのうえです。
このブログ読んでくださってるかたは、そろそろわたしのことを覚えてくれたりするんでしょうか。だったらうれしいなあ。


さて、月曜は日曜に引き続き、北青少年活動センターへ。
演劇実験場下鴨劇場の稽古場見学です。

シモゲキは京都府立大学の劇団です。劇団名がすてきですね。実験場っていうのがたまらないです。

稽古場ではちょうど、最後の場面をやってらっしゃるとこでした。

それが終わると、少しだけ通しをすることに。

IMG_20130218_173458.jpg

IMG_20130218_173540.jpg

笑いたくてたまらんシーンがあったんですが、
1人でみさせていただいてると、なんだか恥ずかしかったので笑うのを我慢しました。

IMG_20130218_173637.jpg

役者のみなさんをみる演出のJ子さんの目がやさしく、やわらかだったのが印象的です。

みなさんの和やかな雰囲気に癒されながら、次の稽古場へ向かいました。


演劇実験場下鴨劇場
『宇宙の果て。』
脚本・演出 鴨川J子

《あらすじ》
それはアラスカじゃなくて宇宙の果てだった。
そしてすべては、夢の中の話。




第三回京都学生演劇祭
渉外 井上瑞季
posted by FOST at 18:48| Comment(0) | 稽古場訪問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

稽古場見学F 〜ヲサガリ〜

どうもどうも いのうえです。

日曜日にはヲサガリの稽古場見学へ行ってきましたよ〜。

ヲサガリは京都工芸繊維大学の学生さんで構成されている劇団です。
前回演劇祭出場のフク団ヒデキを母体とし、昨年旗継ぎ公演をされました。
旗継ぎって、すてきだなあとおもいます。

稽古場の北青少年活動センターには夏以来二回目に行きました。
演劇祭の企画書やらをお渡ししに稽古場へおじゃましたのでした。たしか。

稽古場へゆくと、小川さん、久保田さん、川本さん、高田さんの4人がいらっしゃいました。

ちょうど小川さんのパートのモノローグをやっていらっしゃったらしく、
演出の久保田さんから「すきって10回言ってみて」という指示がでているところでした。

わ、演劇っぽい!と変な感動をおぼえながらみてました。

そのあとは川本さんのパートのモノローグを。
川本さんは口内炎を治すシールを貼りながらやってらっしゃいました。器用。

IMG_20130219_130800.jpg


見学させていただいて思ったのですが、小川さんは久保田さんの言葉を噛み砕いて伝えるのが上手ですね。
お二人の息のあった感じがなんかすきです。

IMG_20130217_165806.jpg

稽古場ではなんだかすてきな音楽が流れていました。ポップなやつでした。
そういえば面談のときにも少しだけあんな音楽が流れていたなあということを思いだしながら帰りました。


ヲサガリ
『それからの子供』
脚本・演出 久保田文也

《あらすじ》
『子供の話をします。』
幼いって意味のほうの。大人に対して肯定的に。 あの頃は鈍感で知らずのうちに人を傷つけていたことを思い出します。
ただ、でも、だからこそ、その鈍感さで純粋に誰かのために何かをできたのはあの頃だけだったと思います。
そういう話です。ついでに夜の話です。


第三回京都学生演劇祭
渉外 井上瑞季
posted by FOST at 18:20| Comment(0) | 稽古場訪問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

稽古場見学E 〜劇団紫〜


こんにちわんこそば。
どうも、団体交渉のばばです。

16日に劇団紫の稽古場見学にいってきました!

劇団紫は佛教大学の劇団さんで、特に劇団のカラーはなく、ここ最近では創作短編集、抽象劇、血糊を使用した舞台などなど幅広い芝居に挑戦しています。
今回はどんなお芝居が見れるのか、わくわく‥!

晴れてるのに雪が降ってる変なお天気のなか、北大路からバスで15分ほどで佛教大学に到着!

FxCam_1361153735821.jpg
/  ばばーん(ばばなだけに)  \

でかい‥きれい‥。…………そして迷子。

と、思ったらわざわざお迎えにきてもらいました!わーい!

稽古場に案内してもらうと、団員さんたちが発声練習中。。
うおおお、、ここにきて緊張するばば(今更)。

団員さんたちの声が身体に響いてきて全身で聞いているような感覚。
空気の密度があがります。どきどき。

発声練習のあとは、台本を片手に通しをみさせてもらいました。

FxCam_1360998351797.jpg

テンポよく45分が過ぎていき、はっとするころには終わってしまいました。
コミカルな要素がとても居心地がいいお芝居です。
そしてぐふぐふと気持ち悪い笑いをしてしまいすみません←

途中、台本にはない役の細かい会話や性格までイメージしていて
まるでここに実在する人かのように話す団員さんたちはとても楽しそうでした。

役作りをする、というより役が馴染んでくるのかのようで、なるほど〜となりました。


最後に「紫っぽい写真を撮りたいです。」という私の雑な無茶ぶりに答えてくれた団員さんたちをどうぞ。笑

FxCam_1361001546545.jpg

『天使のはなし』
脚本・演出 ヒラタユミ

《あらすじ》
この町の真ん中には大きな鉄塔がたくさん建っている場所があって、その内の一本のてっぺんに、
いつも女の子が一人ひっかかっていた。
ある日のバイトの帰り道、ぼくはようやっと決心をして、その子に話しかけた。

その子は、さなちゃんという名前だった。ぼくは、さなちゃんと色んな話をした。
さなちゃんは、相変わらずひっかかっていた。



渉外 馬場夏海
posted by FOST at 12:31| Comment(0) | 稽古場訪問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月16日

稽古場見学D 〜飴玉エレナ〜

こんばんは。いのうえです。

14日の夕方には東山いきいきセンターまで飴玉エレナの稽古場見学へゆきました。

飴玉エレナは2012年4月に旗揚げされた一人芝居劇団です。
一人芝居だけをする劇団って、珍しいんじゃないでしょうか。


稽古場へゆくと、主宰の山西さんと脚本の石井さん、スタッフのタジマさんがおられました。

みなさんおしゃれで、緊張です。


今回の稽古場見学では台本を持ちながらの通しをみさせてもらいました。

通し終わり、山西さんから「どうでしたか?」と訊かれて、うまく答えられなかったのが残念です。
稽古ということを忘れ、ふつうに見入ってしまいましました。
以前、公演を観に行かせていたときにも感じたのですが、山西さんの集中力におどろきです。
石井さんと山西さんのお二人が話し合いながら演出をつけてゆくのを見ていると、演劇祭がますます楽しみになりました。

1361022503814.jpg

androidapp/3179130216222025671234589.png


山西さんと石井さんは香川県のご出身だそうです。いいですねえ、うどん。だいすきです、うどん。



飴玉エレナ
『転がる紳士たち』

脚本:石井珈琲 演出:石井珈琲 山西竜矢

《あらすじ》
そこには5人のひとがいた。
喜。怒。哀。楽。
彼らの感情は美しいくらいかたよっていた。
彼らの感情はまるで転がっているように見えた。
だけど、ひとりだけ、仲間はずれがいた。
ひとりだけ、かたよれず。ひとりだけ、転がれない。
どこにもかたよれない仲間はずれが、転がっていくまでの、 ほんの、みじかい、ものがたり。





京都学生演劇祭実行委員
団体交渉 井上瑞季
posted by FOST at 23:07| Comment(0) | 稽古場訪問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月15日

稽古場見学C 〜劇団蒲団座〜

またまた渉外のいのうえです。

きのうは劇団蒲団座と飴玉エレナの稽古場へ行ってきました。


まずは蒲団座の報告から。

蒲団座は大谷大学所属の演劇部です。
昨年の演劇祭ではART COMPLEX1928賞を受賞しています。


稽古は普段公演を行う、大谷大学内の多目的ホールというところで行われているとのこと。
ひとりで稽古場見学へゆくのははじめてだったので、すこし緊張しながら向かいました。

歩きながら、北大路のマクドナルドで代表の萬木さんと初めてお会いしたことを思いだしました。
もう何ヶ月前のことだったか思い出せません。夏だったような気がします。

稽古場に入るとちょうどパフォーマンスの練習をしてらっしゃるところでした。
蒲団座恒例のパフォーマンスが今回はどのように出来上がっていくのか、たのしみでしかたないです。

IMG_20130215_132642.jpg

演出助手の高嶋さんとお話ししながら、蒲団座の空気感がとてもすきだなあ、と改めて感じました。
先輩後輩関係なくふざけあっているのを見ると母親のような気もちになります。みなさんかわいらしかったです。

IMG_20130215_132729.jpg

撮っておいたパフォーマンスを確認するみなさん。

あ そうそう、バレンタインということで高嶋さんから手作りのマフィンをいただきました。
ありがとうございます。おいしかったです。

高嶋さんには外まで送っていただいて、あたたかい気もちで北大路を後にし、三条へ向かいました。



劇団蒲団座
『This is a pen の絶望 〜ミニミニ王国を封鎖せよ!〜』
脚本・演出 坂口弘樹

《あらすじ》
ある夜の立ち入り禁止の教室。そこには男女がいた。白衣の男は探し物をしている。 落書きだらけなその教室は普段は閉鎖されている。ある夜の教室。そこには男女がいた。 二人の男女は探し物をしている。そこへ筋肉質の男が絶望を持ってやってくる。



第三回京都学生演劇祭実行委員
団体交渉 井上瑞季
posted by FOST at 22:55| Comment(0) | 稽古場訪問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。